食欲の秋「食は血となり、良質な肌となる」

季節の変わり目はお肌の曲がり角

川越店上級相談員の黒瀬です。川越店は、川越街道に面しており、駐車場があるのでお車で来店可能です。
電車でも来店できる交通の便が良い店舗です。

川越店ではこの時期、お肌のお悩みでのご相談が増えます。
秋といえば乾燥が強くなり始める季節。
肌のカサカサが気になったり、紫外線も強いのでシミなどの肌トラブルや吹き出物でお悩みの方も増えてきます。
乾燥が強くなると呼吸器系も影響を受けやすく、風邪や喘息、鼻炎などの症状を訴える方も多いです。

上記のようなお悩みはありませんか?
こんな時は潤いを与えてくれる白い食材や、お肌のもとを作る赤や黒の食材を意識して取ることが有効的です。

乾燥や肌トラブルが気になる時に「ハトムギ」と赤・黒食材

肌トラブルでお悩みの方で多いのが吹き出物やシミ…
そんな時はハトムギが効果的です。

別名シコクムギ、トウムギとも呼ばれ、中国植物名(漢名)は薏苡(よくい)。
薬効のあることで知られ、黒褐色の果皮を除き精白したものを薏苡仁(よくいにん)と称し処方されています。

日本ではイボとりの民間薬として知られています。
水分代謝をアップして、むくみをとります。
さらに体の中の余分な熱をとり、排膿効果があるので、吹き出物やシミなどの肌トラブルに効果的です。

老廃物をすっきり排出!「ハトムギと黒豆のいちじく煮」

「ハトムギと黒豆のいちじく煮」は、いちじくで体内に溜まる老廃物を排出し、ハトムギの利尿作用でむくみをすっきりさせるレシピです。
お肌は口にするものが大きく関わります。
良質な肌にするためにもお勧めのレシピです!

【材料】
はと麦20g
黒豆2分の1カップ
いちじく(乾燥)50g
水3カップ
水あめ大さじ1
塩少々
お好みでクコの実数粒

【作り方】
1. 鍋にはと麦と黒豆、分量の水を入れ、中火で30分間煮る。(ときどき差し水をする)
2. 1にいちじくを加え、柔らかくなるまで煮る。
3. 煮汁を少し残すぐらいまで煮詰め、水あめと塩を加えて味を整える。

仕上げに血を補う働きのある赤い食材のクコの実をトッピングするのも効果的です!

※黒豆:女性ホルモンの働きを活発にして。肌のきめを細かくします。
※いちじく:便通を良くして.肌荒れの原因になる体内の老廃物を排出します。
※クコの実:乾燥する秋に潤いを与え、「血」を補う効果もあります。

季節の変わり目に肌トラブルが気になったら、お気軽に漢方相談にいらしてください。
お客様の肌の状態に合わせて、漢方薬や養生法をご提案します。

オンライン診療

時間を節約し、年間 80,000 件を超える診察と治療の効率を向上

詳細を見る